これ知らないと嫌われちゃいます!体臭対策Q&A

イカ臭い体臭って恥ずかしい?何が原因なの?

 

体臭や口臭、汗などが生魚やイカのような生ぐさいニオイがする場合は、
肺・大腸系に問題があります。

 

これはアミノ酸の一種であるケトン類やインドール、
スカトールなどの腐敗物質が、

 

大腸や肺に多く存在するリンパ管に目詰まりして生ずるニオイと判断できます。
牛肉を食べたときなどに、「何だか生臭い…」と思った方もおられると思います。

 

牛肉やバター、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品を食べ過ぎると、
このような生臭いにおいが生じやすいです。

 

また、刺身や寿司、煮魚などの魚料理を食べ過ぎた場合にも、
口臭や汗臭さとしてにおいが発生しやすくなります。

 

 

二つは陰部の汗の臭いです。

 

陰部の汗は、エクリン汗とアポクリン汗という2種類の汗がまざりあったものです。
エクリン汗は暑い時に全身にかく汗で、成分はほとんどが水分です。

 

一方アポクリン汗は陰部を含め
体の特定の部位(わきの下、耳の穴の中、乳輪など)にだけかく汗で、

 

脂肪やタンパクが主成分であり黄色い汗ジミや臭いの原因になっています。

 

これらの汗が作られている部分(汗腺)は皮膚の中にあり、
本来誰にでもあるものですが、生れつきの体質で汗腺が発達している方の場合、
臭いが強くなります。

 

こちらに対する治療は一般に美容外科で行われており、
手術によって陰部(陰毛の生えている範囲)の過剰な汗腺を除去します。

 

確実に除去すれば症状が再発する心配はありません。

 

 

また、魚臭症という病気が原因の場合があります。

 

魚臭症(トリメチルアミン尿症)とは、
体臭や口臭が、魚の腐ったような臭いになる病気です。

 

臭いのもとになるのは、トリメチルアミンという物質。

 

この物質が、魚の腐ったような臭いを持っているため魚臭症と呼ばれています。

 

魚臭症の原因は、食べたものを消化する際に発生する
トリメチルアミンが分解されず、
汗や呼気や尿から発散されてしまうことにあります。

 

分解されない要因は、トリメチルアミンを分解する酵素が先天的、
あるいは肝機能障害や肝機能低下などによって
後天的に欠落してしまったことによります。

 

魚臭症は非常に症例が少ない病気で、いまだに抜本的な治療法はありませんが、
食事療法でかなり改善できることがわかっています。

 


トップページ 体臭の原因 体臭を止めるためには 体臭に効くサプリメント