これ知らないと嫌われちゃいます!体臭対策Q&A

潔癖症の人は体臭恐怖症になりやすいの?

 

潔癖症の人が最初に気になるのが、「汚れ」だそうです。
次に気になるのが「体臭」ですね。

 

自分が臭いと思って、何度も洗ったりするそうです。
特に臭いが気になる脇など洗いつづける人もいるようです。

 

 

これは対人恐怖症の1種の「体臭恐怖症」に当てはまります。

 

 

体臭恐怖症は、人が周りにいる時に自分の口のにおいや体のにおい、
オナラのにおいなどで人に迷惑をかけているのではないかと悩み、
恐怖心を持ってしまう病気です。

 

 

家にいる時には気にならないけれども、外に出ると、
口のにおいや、体のにおい、オナラのにおいなど、

 

自分の体から発しているかもしれない臭いのすべてが気になり、
周囲の人の視線や態度に注意を払うなど異常行動をとる症状です。

 

 

体臭恐怖症は、自分のにおいが人から変に思われるのではないかと悩み、
気になるという意味で、対人恐怖の症状に分類されるものになります。

 

体臭恐怖症になりやすいタイプの人は、潔癖症(清潔好き)であるとか、
完璧主義者である、神経質、几帳面といった性格を持つ人と言われます。

 

たかが体臭の恐怖症と思っていると、最終的には、
もっと深刻な対人恐怖症に進行する場合もありますので、注意が必要な神経症です。

 

体臭恐怖症は現代病の一つです。

 

理想の体臭と現実の体臭とのギャップに悩み、体臭恐怖症になります。

 

体臭恐怖症の人と一般の人との大きな違いは、
体臭予防や体臭対策へのその頻度や回数の違いです。

 

一般人でもシャワーやお風呂、歯磨きと言った体臭対策をするのですが、
体臭恐怖症の人々は毎日3回以上、シャワーやお風呂に入ったり、
衛生用品を常につけ続けようとします。

 

これらの行動は収まることを知らず、
時間の経過とともにどんどんひどくなっていき、
結果として日常生活に支障をきたすようになります。

 

もし治したいと思うのであれば、対人恐怖症をよくする所から
治療していく必要があります。


トップページ 体臭の原因 体臭を止めるためには 体臭に効くサプリメント