これ知らないと嫌われちゃいます!体臭対策Q&A

トイレのような臭いのする体臭があるって本当?

 

臭い場所の代表格って言うと、どの場所を思い浮かべますでしょうか?
私の場合は、真っ先にトイレを思い浮かべます。

 

 

トイレで排出する尿や便自体が、そもそも臭いものですし、あまり日当たりの
良い場所ではないのでジメジメして臭いが立ちやすいケースが多いです。

 

 

そんな場所でも、ランチメイト症候群の方ですといわゆる便所飯
している方も見かけます。

 

 

ちょっと、私の場合はそこまでしたいとは思いませんね・・・。
だって、あれだけ臭いがする場所で食事しようとは思えませんので。

 

 

そんな臭い場所として有名なトイレですが、残念ながらそんなトイレのような
臭いのする体臭が発生するケースがあるのです。

 

 

では、どんな場合にトイレのような体臭が発生してしまうのでしょうか?
また、その予防法はあるものなのでしょうか?

 

 

今回は、トイレのような臭いの体臭について解説していきます。
まずは、トイレのような体臭の原因について紹介します。

 

 

簡単に言うと、トイレのような体臭とはアンモニア系の体臭のことを言うのです。
トイレでは放尿をするわけですが、当然トイレでアンモニア臭が発生します。

 

 

アンモニア臭のする体臭の主な原因として、血行不良があります。
血液の流れが良くないと、どうしても汗腺の動きが鈍ります。

 

 

これは、血液が酸素を運ぶ役割を果たしているのですが
血行不良でそれが上手く行われないためなのです。

 

 

血行不良となると、汗腺に乳酸が溜まりやすくなってしまいます。
これが原因で、アンモニア臭のする体臭が発生してしまいます。

 

 

血行不良は、適度な運動が肝心です。
ただ、過度の運動をすると逆に乳酸が溜まって体臭になってしまいますよ。

 

 

他には、腎機能の低下が挙げられます。
腎臓はおしっこを生成する臓器なのですが、そこが機能しなくなると
体内にアンモニア臭が発生してしまいます。

 

 

少しでもアンモニア臭のする体臭が発生したら、念のため病院で検査してもらうようにしましょう。
病気の予防の観点からも、早期受診が肝心なのです!

 

 

 


トップページ 体臭の原因 体臭を止めるためには 体臭に効くサプリメント