これ知らないと嫌われちゃいます!体臭対策Q&A

糖尿病になると体臭も発生するって本当なの?

 

成人病という言葉がありますが、その中でも最も怖いのが糖尿病です。
糖尿病の患者数は300万人を超えて、高血圧程ではないにせよ
非常に多くの方がかかっている病気になっています。

 

 

実は、私の父と祖母も糖尿病を患っております。
幸い、インスリン注射までは行っていませんが、薬を飲んで抑えている状況です。

 

 

遺伝する可能性も高いので、私もいつ発症するか怯えている日々です・・・。
とにかく、不摂生をせず健康的な生活を送るようにしています。

 

 

そんな糖尿病ですが、実は体臭や口臭の原因ともなる病気として知られます。
糖尿病と体臭が繋がるイメージがないのですが、実は密接に関係するものなのです。

 

 

では、糖尿病でなで体臭が発生するものなのでしょうか?
今回は、糖尿病と体臭の関係性について紹介していきます。

 

 

糖尿病でどのような体臭が発生するのかについてから解説します。
糖尿病だけあって、甘い臭いがする感じがありますが、実際はどうなのでしょうか?

 

 

...ずばりその通りで、甘ったるい体臭がするようになります!
これは、ケトン体という物質によって発生します。

 

 

糖尿病の検査方法として、尿検査があります。
実は、重度の糖尿病の方ともなると、既に尿に甘い匂いがするようになります。

 

 

これは、ケトン体によるものなのですがケトン体は
尿だけでなく体全体に駆け巡る成分なのです。

 

 

よって、口臭や体臭としてケトン体の臭いが発せられることに鳴ります。
また、これだけでなく刺激臭がする場合があります。

 

 

これは、糖尿病の合併症である腎臓系の病が発生した場合に
刺激臭のする体臭が発生します。

 

 

糖尿病は、放っておくと失明したり手足の切断の恐れがあります。
まずは、食生活を改善して健康的な体を手に入れることが重要です。

 

 

その上で、適度な運動を行ったり睡眠をしっかり取るなどの対応をしましょう。
仮に血糖値が上がってきた場合は、自己判断せず医師の診断を仰ぎましょう。

 


トップページ 体臭の原因 体臭を止めるためには 体臭に効くサプリメント