これ知らないと嫌われちゃいます!体臭対策Q&A

アルコールを飲んだあとに体臭が強くなるって本当なの?

失敗を重ねやっとたどり着いた!!管理人が実際に使う体験談
(画像をクリックしてみてください)  

管理人オススメの消臭サプリメント 管理人オススメの消臭クリーム

 

 

 

 

 

 

 

 

大人になってよかったと感じる瞬間に、お酒を飲んでいる時があります。
当然、未成年ではお酒を飲むことが禁じられていますし、まだ体が出来上がっていない
ので飲むことは非常に危険なことなのです。

 

 

春であれば、お花見しつつのお酒は最高に美味しいですし、なにか大きなことを
やり遂げた後に飲む美酒も最高ですよね。

 

 

また、お酒自体ではなく皆でワイワイ騒ぐのも楽しいですよね。
お酒は飲み過ぎず、適度にたしなむ程度なら体に良いものなのです。

 

 

特に、ストレス発散という観点で、お酒が持つ役割は非常に大きいのです。
そんなお酒ですが、もちろん飲み過ぎると体に悪影響が起きる飲み物です。

 

 

代表的な症状としては、肝臓に負担がかかる点です。
また、飲み過ぎると気持ち悪くなり場合によっては嘔吐してしまいます。

 

 

更に、お酒を飲んだあとに体臭が強くなってしまうのです。
お酒というよりはアルコール全般に言えるのですが、ではなぜアルコールが
体臭を強くしてしまうものなのでしょうか?

 

 

今回は、アルコールと体臭の関係性について紹介していきます。
まず、代表的なアルコール起因の体臭として汗があります。

 

 

アルコールを飲むと、体温が高くなるのは言うまでもありません。
体温が上がれば、その分だけ汗が多く分泌されます。

 

 

汗を処理せずそのまま衣服についてしまい、そのまま乾燥すると
汗臭い体臭が発生してしまいます。

 

 

これはわかりやすい理屈でありますね!
汗以外でアルコール起因の体臭となるのが、アセトアルデヒドや
酢酸の影響に寄るものです。

 

 

アセトアルデヒドや酢酸は、体内でアルコールが分解されることで発生します。
アセトアルデヒドには、実は青臭い臭いがする成分として知られています。

 

 

お酒が弱い人は、アセトアルデヒドが濃い状態で体内に滞留し
これが体臭の原因となってしまいます。

 

 

また、お酒が強い人はアセトアルデヒドの分解が早いのですが
その分だけ量を多く飲んでしまうので、結局体臭が発生してしまいます。

 

 

最初にも書きましたが、たしなむ程度に飲むのが
最も良いアルコールとのつきあい方と言えます。


トップページ 体臭の原因 体臭を止めるためには 体臭に効くサプリメント