これ知らないと嫌われちゃいます!体臭対策Q&A

妊娠中は体が臭いやすいって本当?

 

妊娠している人から「自分の体臭が
キツくなった」と言われた事があります。

 

妊娠すると体臭がきつくなるってよく
聞きますが、それって本当なのでしょうか?

 

実は、個人差はあるのですが、
妊娠中は体臭がきつくなってしまう事があります。

 

脇だけじゃなくて胸からも酸っぱくて
つんとしたニオイ、脂っぽいニオイがする…

 

なんとなく、生理の時のニオイがする…
そんな経験をしている人もいるかもしれません。

 

色々な理由がありますが、
妊娠期はホルモンのバランスが変化しています。

 

通常より基礎体温が上がり、新陳代謝も
上がり汗をかきやすくなるからなんですね。

 

妊娠すると、通常より暑く感じます。
そうすると汗は今までと同じ環境でもかきやすくなります。

 

妊娠中は、脂肪をためようとして、
体脂肪の割合も高く、汗をかきやすくなってしまいます。

 

さらにお腹の中の赤ちゃんを育てるために
血液量が増え、分泌物の量も増えるので体温が高くなります。

 

人によってはホルモンバランスの
変化の影響で毛深くなることもあるそうです。

 

妊娠すると母乳を作ろうとする結果、
乳腺が発達して、そこからニオイがするという事も。

 

同じようにホルモンの影響でニオイに敏感になります。
ご飯を炊くニオイがダメになる事ありませんか?

 

同時に子宮が腸を圧迫し、動きが
鈍くなるため一時的に便秘しやすい体質に変化します。

 

ホルモンのバランスで
便秘しやすくなるとも言われています。

 

便が長く腸内に留まると、
便から出るガスが体内に吸収されます。

 

どうすれば体臭改善になるのかというと、

 

*便秘にならないような食生活を心がける
*汗をかいたらこまめにふきとり、入浴もしっかりと
*気にしないでリフレッシュする!

 

中には産後1ヶ月位になると
急にニオイがしなくなったという人も。

 

妊娠中の経験として割り切るのも一つかもしれません。

 

妊娠中は、色々な意味で敏感な時期ですので、
何事においてもあまり気にしないのが一番ですよね。

 

 

 


トップページ 体臭の原因 体臭を止めるためには 体臭に効くサプリメント