これ知らないと嫌われちゃいます!体臭対策Q&A

お酒を飲んで起こる体臭ってあるの?

 

年末年始にはお酒を飲む機会がぐっと増えますね。
また、普段から会社の付き合いでお酒を多く飲む機会がある人も。

 

そんなお酒を飲むと、飲んでいる
人からは常に臭いが発生しますね。

 

飲み会帰りの集団が電車に
乗り込んでくるとすごい臭いを感じることあります。

 

自分がお酒を飲んでいる時には臭いは感じませんが、
アルコールと言うのは周りに不快になる臭いを出しています。

 

どうしてそんなお酒の臭いがするのでしょうか?

 

お酒に含まれるアルコールは、体内で
分解されると「アセトアルデヒド」になります。

 

アセトアルデヒドは二日酔いの原因になる物質で、
いわゆる青臭い臭いや二日酔いの人の体臭の臭いがします。

 

アセトアルデヒドは、無色ですが、強い刺激臭があります。
アセトアルデヒドは、血中に混ざる性質があるため、全身を巡ります。

 

アルデヒドによって血管が拡張して
顔が赤くなり、汗をかくのはそのせいです。

 

アルコールが体温中枢に働きかけて脳の誤作動を起こします。

 

その結果、実際にはそれほど体温が上がって
いないのに体がほってた感覚になり、汗が出やすくなるのです。

 

お酒を飲むと体が火照って熱くなりますよね?
あの感覚が、膿が誤作動を起こしてしまい

 

汗が出やすくしてしまうのです。
お酒があまり飲めない人は

 

アセトアルデヒドの濃度が高いため、
強い人は飲み過ぎると濃度が高くなるため

 

体臭や口臭として現れやすいということですね。

 

ではお酒を飲む際にどんな事に
気を付ければ、臭いはしないようになるのでしょうか?

 

簡単な方法ですが、お酒を飲む量を控えるということです。
しかし、これは難しく、ついつい飲み過ぎてしまうと思います。

 

飲んだ後にカフェインの入っている飲み物を飲む事。
よくよいと言われるのは緑茶などはおススメの飲み物です。

 

酔いが冷めてイヤだな、という人もいるかもしれませんが、
この一杯の緑茶で、次の日の二日酔いにもよい影響があります。

 

緑茶にはアルコールの代謝を促進して
血中のアルコール濃度を低下させる効果があるといわれています。

 

お茶に含まれるカフェインには、肝臓での
アルデヒド解毒機能を促進する効果があるといわれているからです。

 

またシジミの味噌汁や、シジミ汁などを飲むといいです。
スッキリとしてくる他、体臭にもよい影響があります。

 

シジミにはアラニンやグルタミン酸などの
アミノ酸を多く含んでおり、肝臓の
アルコール分解機能を促進する効果があります。

 

ぜひ試してみてください。
思わぬ効果を感じると思います。


トップページ 体臭の原因 体臭を止めるためには 体臭に効くサプリメント