これ知らないと嫌われちゃいます!体臭対策Q&A

ドロドロ血液が体臭の原因て本当なの?

 

体臭の原因の一つに、
血液ドロドロが関係していると知ってましたか?

 

テレビでも多く特集されるドロドロ血液の話。
実は、体臭とも大きな関係があります。

 

血液がドロドロの状態というのは
コレステロールや老廃物など
体臭を悪化させる成分がたくさん含まれているという状態です。

 

肝臓や腸の働きが弱くなると老
廃物が適切に排出されずに血液中に流れ込みます。

 

血液が本来あるべきサラサラの状態から遠ざかっていきます。
ドロドロ血液になってしまっています。

 

ドロドロ血液は体臭だけでなく
病気の原因にもなりますので改善する方がよいです。

 

ドロドロ血液は血液自体が臭い状態になります。
ドロドロ血液はくさい血液なのです。
においの成分の多い血液のことです。

 

血液の中には、アンモニア、脂肪酸、
乳酸、尿素などのさまざまなにおいの成分があります。

 

それらが汗や皮脂の材料にもなりますから、
汗の中ににおいの成分が多いと、
くさい汗になり、くさい体臭になります。

 

体臭の発生源はまだあります。それは「腸内体臭」です。
腸が汚れるので血液が汚れて、最終的に体臭が強くなります。

 

血液中の有害物質は汗や皮脂と一緒に体中から排出されることになります。

 

特別に汗をかいていないときであっても
皮脂の分泌は24時間続いているので、

 

血液が汚れていると時間の経過によって
体中がくさくなってくるのが特徴です。

 

腸肝循環の悪い人は、肉や魚などを食べたり、
アルコールを摂取したりすると、
肝臓でにおい物質をうまく分解や合成ができません。

 

におい物質はそのまま
血液へ送られ、全身をめぐることになります。

 

そのにおい物質が、汗として出るときついにおいの体臭になり、
吐く息(呼気)として出るとくさい口臭になるわけです。

 

ふだんからの体臭や口臭のきつい人は、
腸や肝臓の状態が弱っているということが考えられます。

 

血液を汗臭さの原因となる物質でドロドロにしてしまう要因を
改善することでサラサラ血液になり体臭が抑えられます。

 

 


トップページ 体臭の原因 体臭を止めるためには 体臭に効くサプリメント