これ知らないと嫌われちゃいます!体臭対策Q&A

タバコが与える体臭への影響とはいったい?

失敗を重ねやっとたどり着いた!!管理人が実際に使う体験談
(画像をクリックしてみてください)  

管理人オススメの消臭サプリメント 管理人オススメの消臭クリーム

 

 

 

 

 

 

 

 

タバコを吸う人の体は、独特な臭いがします。

 

それはタバコの煙が
体についているからだと思っているかもしれません。

 

もちろん外から匂いが付くことも
一つの匂いの原因として考えられます。

 

タバコが体臭に与える影響はそれだけではないのです。
喫煙は口臭はもちろんですが、体臭、特にワキガの原因になります。

 

もちろん服についたタバコの臭いもありますが、
タバコのニコチンが脳にある体温調節中枢を刺激し、

 

エクリン腺からの汗の分泌を促進させます。
汗はもともと無臭ですが、時間の経過で臭いに変わります。

 

エクリン腺から分泌される汗には
皮脂や老廃物を多く含んでいますから、臭いが強くなります。

 

タバコを吸うことでニコチンが肺から血液へ、そして全身をめぐります。
喫煙は脳にある視床下部と言われる体温調節中枢を刺激して汗が増えます。

 

ニコチンはその間も血中を回っているので、
汗と一緒にタバコの匂いも外へ放出されてしまいます。

 

汗も増えれば細菌も増殖しワキガの原因となってしまいます。
また、ニコチンは体内に入ると血液に溶け込みます。

 

肺に取り込まれたニコチンが血液に溶け込み、体中を回ります。
そして汗をかくと一緒に体外に出てくるのです。

 

ニコチンや、その他タバコに含まれる数種類の有害物質が汗と混じり、
独特の体臭を漂わせているのです。

 

 

またタバコを吸うと体臭で
一番イヤだと言われている「ワキガ」のにおいが強くなります。

 

タバコを吸うと肺から大量のニコチンが体の中に入ります。
体に入ったニコチンは体から汗を分泌する「汗腺」を刺激します。

 

エクリン汗腺(普通の汗)とアポクリン汗腺(臭気の強い汗)、
この2つの汗腺から出る汗の量が増えることで臭いが増します。

 

特にアポクリン汗腺が大きくて普段でもワキガ臭が強い方は、
タバコを吸うとより活発になりますのでご注意ください。

 

 

タバコは体に悪いと言われるように内蔵機能を低下させます。
内臓機能が低下すると体臭の元になるにおいが体の中に残ることに。

 

本来であれば体内で分解できるにおい成分が
そのまま体の中にとどまると、体臭はもちろん
便臭や口臭にも影響してひどくなるのです。

 

ニコチンが脳にある視床下部という場所を刺激し、
体温調節をする場所をニコチンによって刺激されますから、
ワキガ、体臭の原因になっているエクリン腺から汗が増えます。

 

エクリン腺から汗が増えれば、体臭は活発になりますし、
汗が出ることで細菌が分解されて、ワキガの原因になるのです。

 

ニコチンは交感神経も刺激しています。
そして自律神経がバランスを崩すようになります。

 

汗は、自律神経で
コントロールされているので、異常に汗が出るようになります。

 

その汗が体臭を強くしているのです。
タバコの体臭は洗えば洗うほど逆に強くなりますので、
垢がゴッソリ取れるほど力を入れてこする必要はありません。

 

コツとしては、まず皮膚を傷つけないようにタオルなどで磨くのでなく、
泡立てた石鹸の泡で肌の表面を優しくなでるように洗うこと。

 

肌の表面に付着している菌がそのまま残るため
汗をかいても臭いがしないように、臭いをブロックしてくれます。

 

毎日こうして洗っていると、
不思議とだんだん臭いがしなくなるんです。
それだけでもすごい事ですよね。

 


トップページ 体臭の原因 体臭を止めるためには 体臭に効くサプリメント