これ知らないと嫌われちゃいます!体臭対策Q&A

体臭があることを伝えるべきなの?

 

最近では、スメルハラスメントという言葉がもてはやされていますよね。
スメルとは臭いのことを言い、体臭や口臭などで周りに迷惑を
かけてしまうことをスメルハラスメントと言います。

 

 

体臭ってなかなか人に伝えにくい面がありますので非常に難しい問題なのです。
よって、あからさまに「臭い」というのは非常に難しいものなのです。

 

 

自覚症状がある方であれば、自分でケアすることもするものですが
厄介なのは自覚症状がない方の場合です。

 

 

体臭なんて無いと思っていて体を近づけられようものなら
その人は発狂してしまいます!

 

 

そんなデリケートな話題である体臭ですが
やはり本人に体臭があることを伝えたほうが良いのでしょうか?

 

 

今回は、非常にデリケートな問題である体臭の伝えるという行動について解説します。
まずは、体臭があることを伝えるかどうかですが、ストレートに言うのは辞めましょう。

 

 

また、間接的に伝える方法もあるのですがそれもなるべく避けたいですね。
例えば、体臭を持っている人が近づくと鼻をすすったり
扇子であおいだりする行動をすると、意外と本人には気づいてしまうものなのです。

 

 

 

体臭があることを伝えるということは、少なからず傷つけることに鳴ります。
では、どんな伝え方が正解なのでしょうか?

 

 

一般的な伝え方としては、何か違うという点を伝えるケースです。
例えば、いつもとシャンプーを変えた?とかボディソープを変えた?と言った方法です。

 

 

これで、自分は何かいつもと違うという感想を持たせることにより
自分の臭いについて敏感になってもらいます。

 

 

極度の嗅覚の衰えがない限りは、体臭は自分でも気づくことができます。
この行動だけで、自分の体臭に気づいてもらえればシメたものです!

 

 

もちろん、言い方を間違えてしまうと相手を大きく傷つけてしまうことにもなります。
その人のパーソナリティをしっかり把握して、なるべく傷つけることなく伝えましょう。

 

 

これで、お互いの信頼関係も今以上にアップすること間違いなしです!

 

 

 


トップページ 体臭の原因 体臭を止めるためには 体臭に効くサプリメント